お花の妖精

Tags: |

 

レベル3の実習で「高次元の存在へのコンタクト」というのがありました。

お釈迦様やマリアさま、故人となった身内、ペット、守護霊などと接続するというものです。

講義では、高田はわよさんが手術を止めた病院の、レイキを出来たという看護婦さんにコンタクトしてみましたが、その日、家に帰って真っ先にやってみたのが、お花の妖精さんでした♪

もう眠くてしょうがなかったのですが、これだけやってから寝ようと思ってやってみました。

白石ヒロミさんに言われた、私の頭の上を飛び回っているお花の妖精さんたち♪♪

さぁ、どうなるんでしょうか??

(包み込むようにした手の中が、ピリピリしてきました。)

「お花の妖精さんたち、こんにちは♪」

こんにちは

「妖精さん、あなたの姿を見たいのですが。」

見えないと思うわ だってあなたの頭の上にいるんだもの

「ぐ・・・・」

鏡に映したら 見えるかもね

「(気を取り直して)私に何か出来ることがあれば教えてください。」

黄色いお花を 飾ってね

以上でした。でも黄色いお花はまだ飾っていません。
そのかわり(違)、今日からフラワーエッセンスを飲み始めました☆☆