ハイヤーセルフとの交流

Tags: | |

 

レベル3の講義で、「ハイヤーセルフとの交流」があるらしいとのことで、すごく楽しみにしていました。

でも、本当に交流なんて出来るのでしょうか?期待半分、畏れ半分。
まずはテキストを見ながら先生の解説を聞く。そしてすぐ実習。テキスト順にやっていきます。

先生「シンボル、もう一回練習しなくても大丈夫ですか?」
私「大丈夫です」

シンボルはスイスイ。
ああ~~よかった。ちゃんと出来た。
日頃から使い慣れておいて良かったな~。急にはできないよね~~なんて考えてたら

「??」
胸に当てている右手が・・・・・さっきまでの感触と違う・・・

丸くて柔らかい何かが、右手を押し返してくる。これ、自分の胸じゃない・・・・
「ま、まさか・・・??」(いやまさかだよね~~)

でもとにかく、習ったとおりに、いくつかのポイントを第三者の目で観察する。
すると、女性の声が・・・・

こどもをたいせつに

「・・は?」

(今度はもっとはっきりと)

こどもをたいせつに

(・・・・。
これって、私自身が、子供たちに対してあまり面倒をみていないっていう
後ろめたい気持ちがあるから聞こえるんだよね・・?)

先生「左右の手の役割を交換して、もう一度、様々な感覚に意識を傾けてみてください」

そこで、今度は左手を胸に当てる・・・・普通に自分の胸だ。

先生「反応や変化のあった方の手をもう一度ハートのチャクラに当ててみてください」

再び右手を当てる・・・・うわー やっぱりこれって自分ではない。
この温かくて柔らかくて向こうから押してくるものは何なの。

先生「何か質問があれば質問をしてみてもいいですよ」

そこで私は尋ねてみた。
「ハイヤーセルフさん、こんにちは。もしいらっしゃるのなら、お顔を見せてくれませんか?
声を聴かせてくれるとか、姿を見せるとか、そうじゃないと、いるのかいないのか、よくわかりません。」

するとハートのあたりが痛くなる。怒ったのかも!!
「ぐ・・・ご、ごめんなさい!もう聞きません。私が悪うございました。すみませんでした」
必死で謝ってみる。

すると痛みが去る。
(やっぱりそうだよね~。顔見せるなんてこと、できるわけないもんね)
と思っていると、またメッセージが。。。。。。

こどもをみなさい。」

(え?なんですって?)

そのなかにわたしはいる。」

(一瞬、何のことだろうと思いました)

あいたければ、こどものかおをしっかりとみなさい

ききたければ、こどものこえをしっかりとききなさい

わたしはいつでもそこにいる。」

すごいことを言われたと思いました。
顔を見せてと頼んだら、子供を見ろと。その中に私はいつもいるから、と。
それは本当にそうだと思う!!!

交流が終わった後、先生は、特に言いたくなければ言わなくてもいい、と仰いましたが、あまりに不思議すぎて、お話しました。先生はただ静かに聞いてくださいました。