妹のレベル1アチューンメント その2

Tags:

 

妹がレベル1のアチューンメントを受けた時の感想を送ってくれたので、記録として掲載します。

私はな~んもこういうふうな体験はなかったわぁ。。。。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

さてさて・・アチューンメント直前。
何しろ結構緊張していた私。

少しドキドキして椅子に座り、先生が頭に手をあてた瞬間、ぴりぴりと頭になにか、ミミズが這うように(笑)電気のようなものが走った。

で、目を閉じているので、なんとなく瞼の裏の景色を眺めていたのだけれど。

はじめは普通に、グレーの世界だったんだけど、ふと気づくと、遠くに太陽のような丸いものが。

そして背景もその太陽のような丸いものも含めて、真ん中から白(というかグレー)と黒の2色に分かれていた。

首とか、肩をレイキされたときは何も感じなかったが、足の甲をレイキされた瞬間、また足の先からみみずが這うような静かな電流のようなものが流れ、黒い背景は消え、どんどん太陽が近づいてきて、私にむかって光がさんさんと降り注ぐような感じのものが見え続けた。

先生の手が足に置かれていると思っていたら、私の両手に置かれてびっくりした!

足にはまだ、手が置かれてるようにぴりぴりとレイキが残っていた。

そのうち、瞼の裏のその太陽は小さくなり、つぼんではまた開き、またつぼみ・・を繰り返し、はじめの緊張はいつの間にかとれ、うわぁーー・・・・不思議・・・とみとれていたところで終了でした!

終えた後はここちよいぐったり感、リラックス感のあと、頭が冴えるような感じになった。

(続く)

 

クイックリンク