1-74. アファーメントが使えたこと

Tags: | | |

 

右耳の調子が悪く、昨日は一日水が出っぱなし。
何回も耳の中を拭いていたせいか、痛みで目が覚めた。
まずいなぁ・・・この痛みは2-3日は続くよ・・・

布団の中でレイキしてみる。
・・・が、なんかうすらぼんやりとした感覚しかない。
最近、「何か」が欠けている気がする。
なんだろう・・・?

」とひらめいた。
アファメーションを使ってみよう。
早速やってみる。

アファメーションとは、「~~になりますように」というお願い型ではなくて
「~~になりました。ありがとうございます!」と、達成した形で言うのです。

つまり、脳に、もう成功・達成した状態だと本気で思いこませてしまう。
そうすると、逆に、その状態になるのに必要な事柄の方が、引き寄せられる形でやってきて、現実を形成してしまうのです。

いままで私は、無心でレイキしていることが多かった。
耳に対しても、とにかくダラダラ時間をかけて両手で押さえていた。
スイッチを入れたアイロンが温まるのを待つように、レイキがどうにかしてくれるのをただ待っていたのだ。

それでよい場合もあるのだろう。
でも今回は、何か足りない気がしていたから、

「耳の腫れも痛みも水も引いて、すっかり良くなりました!
本当に楽です!ありがとうございます!」

と、良くなった自分をイメージしてレイキした。
つまり、どういう状態になりたいのかを明確にイメージしてレイキした。

もういいかな・・という気がして、止めたのが、レイキ始めて10分後くらい。
ところがそれだけで、ほんとに、痛みも腫れも水も止まってた。

おおおーーすごいーー
耳から首までジンジン痛かったのに、たった10分のレイキで、治ってしまった。

なんか、今日の体験で、今までナゾだったことが少し、わかった気がする。
機械や乗り物、失せ物にレイキをかける、というのがよくわからなかったのだが、つまり、どういう状態にしたいか・なりたいか をアファーメントしてレイキするんですね?
うん。たぶん。それで合ってる。
違うかな?