1-82. ハートを開くセッション

Tags:

 

Mさんのお宅で、ハートに入っていくセッションの導入部分をしていただいた。

これは、本当に偶然、していただけることになったものなので、事前に何の勉強もしていなかったし、こういう考え方すらよく知らなかったので、

そのせいで、ハートに入っていく、ていう考え自体が私にはとても難しくて、セッションも、全然できてないと思った。

「心を眉間に持ってきてください。それを鼻先に持ってきてください・・・今度は胸の前まで下ろして・・・また頭に戻っていますね。もう一回やってみましょう・・・・」と、だんだんに心を胸の奥に移動させて、

「何か感じることがあれば、それを味わってください。」

などと言っていただくのだが、うーん、全然わからない・・・!

唯一、私が見たのは、濃い紫の珠がクルンクルンと回っている姿。
私がこのところ探していた服の色と同じ紫だった。
するとMさんの座っている方向から、金色の眩しい光が、優しい波のようにひたひたと押し寄せてきた。
あれはなんだったのだろう?

それで終わった。
それでもMさんは、いくつか要らないものをとって下さって、
そして、私へのメッセージは・・・

1)とても無理している

2)真理を知りたいと思っている

とのことでした。

無理・・・この通り、好き放題にやりたいように生きている私なので、全然、無理してないと思うんだけど。
以前も、別のセッションをなさる方から、ゆきさんはとても無理をしている、と言われたけれど、どうもピンとこない。

真理・・・えええ?という感じ。そんな、大それたことを・・・!!

ハートで感じていることなので、考えてもわからない、意識をできないこと、
なんだそうです。
そして、すぐにわからなくても、一週間とか時間がたつうちに、ぽっかりと浮かんでくることがあるそうです。

私としては、こうして私のためにセッションの導入をしてくださった、というそのお気持ちがうれしくて感謝の気持ちでいっぱいです。

いつか、ハートの感じていること、私にもわかるといいな。

さあ、明日はレベル2です!!