2-14. 遠隔は心の距離で

Tags: | | |

 

火曜日の娘の大会で、観客席から娘のヒザに遠隔を行ってみました。
すると・・ちゃんと娘のヒザがあったかくなったのでした!!

その晩、自分の足裏と足指にも遠隔を送ってみたところ・・・ちゃんと自覚がありました。
ちょっと前はあれほど出来なかったことなのに、とうとう出来るようになったみたいです。

そこで今日は、思い立って、初めて他人に送ってみました。
他人というと、他人行儀ですが、レイキのことを何も知らない妹たちにです。

まず、すぐ下の妹に「今から15分間、遠隔でマッサージを送るから、どこかじんわり気持ちよかったり温かくなったりしたら教えてね~」とメールしたところ、

「いいよ~」と返事が来ました。

まずは「何のこと?」と尋ねられる覚悟だったから、『遠隔』とか書いてあるのに、なんで平気で「いいよ~」なのか、ちょっと理解不能でしたが、とにかく送ってみました。

するとすぐに

「何だか肩が温かいよ~」と返事が来ました!
よかった・・・本当に届いているんだ・・・と思いました。

午後、別の妹にも同様に送ってみました。
この子は、遠隔が終わってこちらから「何か感じた?」と尋ねたら、「今から送るっていうメールのすぐあと背中が熱く感じて、でも電車に乗ったらクーラーでよくわからなくなったのよね~あとは手のひらに感じがあったような。。。」と。

わーうれしい・・・ちゃんと届いている・・・。
妹たちに、お礼を言いました。

で、遠隔をしながら思ったことがありました。

遠隔を送るとき、当然、送り先の妹のことを考えているわけですが、そうすると、自然と、妹の小さかった頃のことや、色々思い出しました。

私自身も子供だったから妹にもそれなり可哀想なことをしたこともあったかも・・・と思ったり、今は妹も毎日子供を抱えて頑張っているんだなぁ・・と感じたり、妹への色々な想い(愛情)が私の中に自然と浮かんできました。

そして、昔も今も、妹がいてくれたことで、どれだけ自分が助けられているのかに気が付きました。

私の頭は普段そんなことに気が付かないのですが、私のハートはちゃんとそのことをいつも感じていたし、私にそれを気づかせたかったのかなぁと思いました。

遠隔・・・それは心の距離で行うのかもしれません。
心の距離なら(物理的にはどれほど遠く離れていても)すぐ近く、すぐ隣に、その人はいるからです。
そして、心の距離も、物理的な距離と同じように、どちらも、現実だし、本物だし、真実なんですね。

あれほど、不思議でならなかった遠隔が、やっと、不思議ではない存在として、私の中に収まりました。