2-17. 遠隔いろいろ

Tags: |

 

私の場合、遠隔のことを「長距離を挟んで、光の橋をかけて気を送ること」だと思っていたうちは、遠隔が出来ませんでした。

私にとっては、「心の中では、人と人の間に距離は存在していない。
距離だけでなく時(過去・未来・現在)すらも関係ない。
この世のものはみな、同じ場所にいる」ので、だから遠隔が出来るのだと思っています。

つまり、よく私たちが眠っている時に見る「夢」・・・これも遠隔の一種なのではと思うのです。

その解釈を基に、今週、色々やってみたので、その結果を書いてみますね。

 

1)同時に2人いっぺんに送れるのか?

送ることができる。

新幹線で帰京する娘と息子に同時に送ってみました。
場所は特定せず、一番疲れている部分に届けばいいなと思って送ったところ、娘は膝に、息子は足に、レイキが届いていました。

2)自分の身体を使って送れるのか?

送ることが出来る。

妹に送るとき、私の右手を妹の右手に見立ててレイキしたところ、ちゃんと妹の右手からひじにかけてレイキが届いていました。
ヒビキもちゃんとわかりました。

3)自分と相手と同時にレイキできるのか?

出来る。

私とパートナーは一心同体だし、息子も当然 私の血を分けた子供なのだからと思い、自分の全身をセルフヒーリングしながら遠隔でパートナー&息子にも同じヒーリングを送る宣言をしたところ、ちゃんと届きました。
つまり、自分を入れて3人一度にヒーリングできました。

ほかにも、遠隔に関してはやってみたいことがいくつかあるので、
またやってみたらご報告しますね。。。。