レイキ日記

レイキマスター 柚木が、初めてレイキを学んだ時の記録です。ご自身がレイキを使う時の参考になれば幸いです。

★レベル1,2,3を「ストーリー」として読むことが出来ます。
★タグをクリックすれば「シチュエーション別」に表示されます。(頭痛、遠隔、シンボル・マントラ、などなど。)

現在の様子はこちらのブログをご覧下さい。
今日のレイキ・靈氣 
奄美のレイキブログ

1-80. 忙しいときって

なんでだかわからないけれども、やたらと忙しくなる時がありますよね。。。

偶然、いろんなことが同じ頃に集中してきて、とてもこんなには自分では、さばききれない、と思う。

やめちゃおうかな・・・とも思う。

でもでも、そういうのって、必ずこなしきれるんですよね。

<自分で出来る分しか やってはこない>の法則でしょうか?

そして、そうやってやってきたものを超えるとき、必ず自分へのギフトが紛れ込んでいる。。。

そうですよね?

1-81. 塗香(ずこう)

トンマッコルコミュのお友達のMさんのお宅へ伺い、
そこで
塗香(ずこう)
というものをいただいた。
かわいいケースに入れて持ち運ぶ。


★塗香(ずこう)いろいろ★

お坊さんがお経をあげる時などに、手のひら他につけるものだそうで、
手のひらがスッキリとする。

「ああ、私は、こうなりたかったんだ」とわかった。

レイキをできるようになってから、手のひらの感覚が気になるというのか、
手のひらがあつぼったかったり熱かったり、何度も手を洗ったりしていたけれど、

これをつけていると、手のひらが清浄!

レイキする前にも、これを少しつけてからしてみようかな。

Mさん、ありがとう。
一緒に行ったSさんもありがとう。

 

1-82. ハートを開くセッション

Mさんのお宅で、ハートに入っていくセッションの導入部分をしていただいた。

これは、本当に偶然、していただけることになったものなので、事前に何の勉強もしていなかったし、こういう考え方すらよく知らなかったので、

そのせいで、ハートに入っていく、ていう考え自体が私にはとても難しくて、セッションも、全然できてないと思った。

「心を眉間に持ってきてください。それを鼻先に持ってきてください・・・今度は胸の前まで下ろして・・・また頭に戻っていますね。もう一回やってみましょう・・・・」と、だんだんに心を胸の奥に移動させて、

「何か感じることがあれば、それを味わってください。」

などと言っていただくのだが、うーん、全然わからない・・・!

唯一、私が見たのは、濃い紫の珠がクルンクルンと回っている姿。
私がこのところ探していた服の色と同じ紫だった。
するとMさんの座っている方向から、金色の眩しい光が、優しい波のようにひたひたと押し寄せてきた。
あれはなんだったのだろう?

それで終わった。
それでもMさんは、いくつか要らないものをとって下さって、
そして、私へのメッセージは・・・

1)とても無理している

2)真理を知りたいと思っている

とのことでした。

無理・・・この通り、好き放題にやりたいように生きている私なので、全然、無理してないと思うんだけど。
以前も、別のセッションをなさる方から、ゆきさんはとても無理をしている、と言われたけれど、どうもピンとこない。

真理・・・えええ?という感じ。そんな、大それたことを・・・!!

ハートで感じていることなので、考えてもわからない、意識をできないこと、
なんだそうです。
そして、すぐにわからなくても、一週間とか時間がたつうちに、ぽっかりと浮かんでくることがあるそうです。

私としては、こうして私のためにセッションの導入をしてくださった、というそのお気持ちがうれしくて感謝の気持ちでいっぱいです。

いつか、ハートの感じていること、私にもわかるといいな。

さあ、明日はレベル2です!!

2-1. 今日はレベル2になる!

おはようございます。
清々しい朝です。

今日は、いよいよレベル2になります!!!

50日以上も、レベル1だった私。
ほんとに毎日やったので、レベル1で出来ることは、結構やった方かも。。。
今後、レベル1とレベル2の違いが、色々わかってくるのかも?
わくわく。。。

スキンフードのライム&湖塩のボディシャワーで身を清めて、昨日いただいた塗香をつけていこうっと。

このボディシャワーはほんと気持ち良くて、人ごみから帰ってきたときや、身を清めたいっていうときにぴったり♪

みなさまもすてきな一日になりますように♪

2-2. レベル2のアチューンメントで。(その1)

今日、レベル2のアチューンメントを受けた。
先生、ありがとうございました。
この日は、私にとっては生涯忘れられない日だったかも。第二の誕生日みたいな。

2回目のアチューンメントで、不覚にも私は泣いてしまった。
金色の存在と、その存在から赦しのメッセージをもらった。

アチューンメントで、椅子にかけてる私自身も、発霊法やレイキが流れているときのように、呼吸が深く長くなる。

息を吸いながら、頭頂からレイキの光を取り込んで・・・といつもの発霊法のように無意識のままに感じていたら、ふとその息を、そうしたくなって、第4チャクラ(ハートのチャクラ)から出してみた。

うーん。ここまでは確かに自分でやったことだけれど、ここからは言葉では説明できないかんじ。

とにかく、そうしたことが正解だったのでしょう。
(’正解’という言い方も実は違和感があるので、いずれこの言葉は更新するかもしれません)

ここから先のことは、言葉にすると、それはMさんが昨日仰っていたように、頭で解釈してしまうことになる。

そこで感じたことのうち、言葉で変換できることを書くことはできるし、そういう形でしか自分の手元には残せない。

でもそうやって言葉にできるのは、そこで私が感じたうちの、たぶん1万分の1にも満たないし、全く同じものではなくなってしまうのだろうな。

広大な海に感激し、その水を、思い出に、小瓶に詰めて持ち帰ったおみやげ、と、まさにそんな感じの感想文です。

(続く)