レイキ日記

レイキマスター 柚木が、初めてレイキを学んだ時の記録です。ご自身がレイキを使う時の参考になれば幸いです。

★レベル1,2,3を「ストーリー」として読むことが出来ます。
★タグをクリックすれば「シチュエーション別」に表示されます。(頭痛、遠隔、シンボル・マントラ、などなど。)

現在の様子はこちらのブログをご覧下さい。
今日のレイキ・靈氣 
奄美のレイキブログ

2-13. レベル2一週間目の近況報告

レベル2になって一週間目の近況報告です。
自分への覚え書きに書いておきます。

他人に遠隔がうまくいかないことは以前書いたとおりですが、「送られた本人に自覚がないだけ。ちゃんとレイキは届いて、必ず良くなっている」と信じています!

自覚はしてもらえなくても、現実に身体が良くなれば、それで成功なのだから。

ただどうしても、遠隔と違って自分にも人にもすぐに効果が出るから、シンボルばかり使ってしまいます・・・

かゆい時には、ふたつを組み合わせた方が、鎮静作用が加わってよく効くかんじがする。

疲れや不安には、シンボルはいーーーっぱい入れちゃいます。
こんなに入れていいのかーーーーってくらい入れていますが・・・・・
ほんとよく効く。
でも、、いいのかなぁ、こんなに使って・・・?

シンボルって、お財布の中のお金と一緒で、使いすぎたら底をついちゃわないの?
それとも、やまんばの錦みたいに、一晩寝たら元通りに増えているの?
よくわかりません。。。

あとは、自分への遠隔。
耳に遠隔したいのだけれど、下手な遠隔に四苦八苦するよりは、手が届く範囲なら手で押さえたらいいわけだしね。

じゃあ練習を兼ねて届かないところ(背中とか?)に遠隔しようとすると、途中でうとうとして・・・そのまま、遠隔していることを忘れてしまう。

とりあえず今の課題は、
火曜日の大会に向けて、娘の膝を少しでも治すために、なるべく時間をかけてレイキすること、
自分の耳の具合を良くするために思い出した時にちょこちょことレイキすること、
息子の精神の安定のために、少しでもいいから毎日必ずレイキを継続して行うこと

2-14. 遠隔は心の距離で

火曜日の娘の大会で、観客席から娘のヒザに遠隔を行ってみました。
すると・・ちゃんと娘のヒザがあったかくなったのでした!!

その晩、自分の足裏と足指にも遠隔を送ってみたところ・・・ちゃんと自覚がありました。
ちょっと前はあれほど出来なかったことなのに、とうとう出来るようになったみたいです。

そこで今日は、思い立って、初めて他人に送ってみました。
他人というと、他人行儀ですが、レイキのことを何も知らない妹たちにです。

まず、すぐ下の妹に「今から15分間、遠隔でマッサージを送るから、どこかじんわり気持ちよかったり温かくなったりしたら教えてね~」とメールしたところ、

「いいよ~」と返事が来ました。

まずは「何のこと?」と尋ねられる覚悟だったから、『遠隔』とか書いてあるのに、なんで平気で「いいよ~」なのか、ちょっと理解不能でしたが、とにかく送ってみました。

するとすぐに

「何だか肩が温かいよ~」と返事が来ました!
よかった・・・本当に届いているんだ・・・と思いました。

午後、別の妹にも同様に送ってみました。
この子は、遠隔が終わってこちらから「何か感じた?」と尋ねたら、「今から送るっていうメールのすぐあと背中が熱く感じて、でも電車に乗ったらクーラーでよくわからなくなったのよね~あとは手のひらに感じがあったような。。。」と。

わーうれしい・・・ちゃんと届いている・・・。
妹たちに、お礼を言いました。

で、遠隔をしながら思ったことがありました。

遠隔を送るとき、当然、送り先の妹のことを考えているわけですが、そうすると、自然と、妹の小さかった頃のことや、色々思い出しました。

私自身も子供だったから妹にもそれなり可哀想なことをしたこともあったかも・・・と思ったり、今は妹も毎日子供を抱えて頑張っているんだなぁ・・と感じたり、妹への色々な想い(愛情)が私の中に自然と浮かんできました。

そして、昔も今も、妹がいてくれたことで、どれだけ自分が助けられているのかに気が付きました。

私の頭は普段そんなことに気が付かないのですが、私のハートはちゃんとそのことをいつも感じていたし、私にそれを気づかせたかったのかなぁと思いました。

遠隔・・・それは心の距離で行うのかもしれません。
心の距離なら(物理的にはどれほど遠く離れていても)すぐ近く、すぐ隣に、その人はいるからです。
そして、心の距離も、物理的な距離と同じように、どちらも、現実だし、本物だし、真実なんですね。

あれほど、不思議でならなかった遠隔が、やっと、不思議ではない存在として、私の中に収まりました。

2-15. 顔のシミが消えてきた

レイキの交流会でも思ったのだけれど、レイキをしている人の肌ってとても綺麗だなぁと思う。

なんていうのだろう。
何もつけてないのに、’すっぴん’という感じではない。
きめが整っていて、象牙色?真珠色?の光に被われているみたいなかんじ・・・・

さて。
私の顔には、昔の帯状疱疹の後があります。
首から頬にかけて残っています。
昔のものだけれど、首はケロイドっぽくなっていて、顔は黒っぽいアバタになっている。

その黒っぽい頬のアバタが、なんか、黒い色が抜けて、普通の肌の色になっているのに気が付いた!!!

毎日レイキの手で触っているし、身体の内側からもレイキがにじんでいるからかな?

すごくうれしい。

 

マスター・メモ

ほんとにまったくその通りで、レイキしていると、どんな高機能サプリやアンチエイジング化粧品にも負けないお肌と髪になります。レイキは、細胞を活性化させて新陳代謝をよくするのですから、当然といえば当然ですよね。

2-16. 妹のこと

遠隔ができる(かも?)というところまで来たので、遠隔でレイキしたかった人にレイキを送り始めている。

11離れた妹も、その一人。(あ、妹の誕生日が来たから、今は10違いか。)
この子は運の強い子で。
生まれた時は仮死状態で、母は、「これだけ姉妹がいれば一人くらいこういうことがあってもしかたないだろう」と覚悟したそうだが、先生が人工呼吸をして息を吹き返した。

父は、ありったけの名付けの本を買ってきて、そのすべてに共通して「吉」とされる名前を、この子につけた。

幸いこの妹は、特に傷害も残らず、明るくて気持ちの前向きな子に育った。

小学校低学年の頃、微熱が続き、何度も痛い検査をして、若年性リューマチだということがわかったが、
おっとりしているが、人を笑わせたりする面白い子なので、身体に故障があるとは、言われてもわからない。

でも、雨の日や、疲れがたまると、一晩中、痛みを紛らわせるためにお風呂に浸かっていたりとか、母が腕や足を揉んで過ごしたりとか、何日も寝込んだりとか、そういう日もあった。

それでも、たとえ前の晩までうなっていても、デートの朝になると、元気いっぱいになって、颯爽と出かけていく子だった。

(気持ちが大切なんだなぁ・・・)と、何度も、年下の妹に教わる思いだった。

お互いに結婚して子供を持ち、子供の頃のように頻繁に会うこともなくなったが、レイキのレベル1を受ける前に、この妹とご飯を食べたことがあった。

そのとき妹は、手首が腫れて、痛みで、携帯のメールも打ちにくそうな様子だった。
私は、子供の頃と同じ感覚を味わっていた。
「なにもしてあげられない」という感覚・・・

誤解して欲しくないのだが、自分が上で相手に施してやろうというような感覚ではない。
姉妹というのは、ある意味、自分そのものなのだ。
自分の痛みなのだ。

それを、どうしてあげることもできない。
小さい妹が一人で痛がっているのに何もしてあげられない無力さ。
私よりも、母の方がもっと辛かっただろうと思う。

レイキをできるようになってから、ああ、これで妹が痛い時に、少なくともレイキすることができる、と思ったのだった。
妹の痛みを気休めでなく温めることができる。

妹にしたら「余計なお世話」と思うかもしれない。
でも、これが血を分けた肉親というものなのだ。そして、(たとえ余計なことであっても)自分では気力の沸かないことを代わりに沸いてやるのも、実の姉妹だからこそなのだ。

リューマチは原因不明の病気。
だからこそ、妹も、気持ちの持ちようで、デートの日には元気になれたのだろう。

今は骨の変形が始まっているそうだが、それがまだ固まっていないのなら、また戻す可能性だってあるはずだ。
少なくとも進行を止めたり遅らせることはできるはず。

痛みが消え、骨の変形が元に戻ったというアファメーションで、脳を勘違いさせれば、細胞もそのアファメーションを現実化しようと活発に動き出す。
レイキが、その自然治癒力を爆発的に高めることができると思う。

2-17. 遠隔いろいろ

私の場合、遠隔のことを「長距離を挟んで、光の橋をかけて気を送ること」だと思っていたうちは、遠隔が出来ませんでした。

私にとっては、「心の中では、人と人の間に距離は存在していない。
距離だけでなく時(過去・未来・現在)すらも関係ない。
この世のものはみな、同じ場所にいる」ので、だから遠隔が出来るのだと思っています。

つまり、よく私たちが眠っている時に見る「夢」・・・これも遠隔の一種なのではと思うのです。

その解釈を基に、今週、色々やってみたので、その結果を書いてみますね。

 

1)同時に2人いっぺんに送れるのか?

送ることができる。

新幹線で帰京する娘と息子に同時に送ってみました。
場所は特定せず、一番疲れている部分に届けばいいなと思って送ったところ、娘は膝に、息子は足に、レイキが届いていました。

2)自分の身体を使って送れるのか?

送ることが出来る。

妹に送るとき、私の右手を妹の右手に見立ててレイキしたところ、ちゃんと妹の右手からひじにかけてレイキが届いていました。
ヒビキもちゃんとわかりました。

3)自分と相手と同時にレイキできるのか?

出来る。

私とパートナーは一心同体だし、息子も当然 私の血を分けた子供なのだからと思い、自分の全身をセルフヒーリングしながら遠隔でパートナー&息子にも同じヒーリングを送る宣言をしたところ、ちゃんと届きました。
つまり、自分を入れて3人一度にヒーリングできました。

ほかにも、遠隔に関してはやってみたいことがいくつかあるので、
またやってみたらご報告しますね。。。。