2-64. 喘息にレイキ

Tags: | | |

 

韓国での話。

明洞とかたくさん歩いて疲れたのか、夜 ホテルで喘息が出た。
久しぶりの喘息だった。レイキを学んでからは初めてだ。

しばらく我慢していたんだけれど、咳が続くので寝ていられなくて、座ったり歩いたり、眠いのに、咳き込みながら起きていた。

胸を押さえると、ちょっとラクになる。
これはレイキが効いているんだろうな~

でも、やっぱり咳が出る。
徐々に、胸の真ん中の不穏な感じが強くなる。
咳がかなり本格的になってしまった。><

なんかキケンな感じがする・・・
このままだと本当にひどくなる気がする・・・

放っておいたらまずい・・・

「そうだ! 喘息の時は、後ろからするのも効果的だって聞いた。」

ふと思い出して、遠隔で背中側から肺に第一シンボルをたくさん入れる。

背中側が熱くなる。
同時に両手で前からレイキする。
レイキでサンドイッチ。

2,3分すると、咳が治まってきているのがわかった。
胸の奥の不穏な高炉もフタがしまってきている。
やった~よかったぁ~これで眠れる・・・

レイキ、ありがとう。
レイキ様々、だった。

ハイヤーセルフとの交流

Tags: | |

 

レベル3の講義で、「ハイヤーセルフとの交流」があるらしいとのことで、すごく楽しみにしていました。

でも、本当に交流なんて出来るのでしょうか?期待半分、畏れ半分。
まずはテキストを見ながら先生の解説を聞く。そしてすぐ実習。テキスト順にやっていきます。

先生「シンボル、もう一回練習しなくても大丈夫ですか?」
私「大丈夫です」

シンボルはスイスイ。
ああ~~よかった。ちゃんと出来た。
日頃から使い慣れておいて良かったな~。急にはできないよね~~なんて考えてたら

「??」
胸に当てている右手が・・・・・さっきまでの感触と違う・・・

丸くて柔らかい何かが、右手を押し返してくる。これ、自分の胸じゃない・・・・
「ま、まさか・・・??」(いやまさかだよね~~)

でもとにかく、習ったとおりに、いくつかのポイントを第三者の目で観察する。
すると、女性の声が・・・・

こどもをたいせつに

「・・は?」

(今度はもっとはっきりと)

こどもをたいせつに

(・・・・。
これって、私自身が、子供たちに対してあまり面倒をみていないっていう
後ろめたい気持ちがあるから聞こえるんだよね・・?)

先生「左右の手の役割を交換して、もう一度、様々な感覚に意識を傾けてみてください」

そこで、今度は左手を胸に当てる・・・・普通に自分の胸だ。

先生「反応や変化のあった方の手をもう一度ハートのチャクラに当ててみてください」

再び右手を当てる・・・・うわー やっぱりこれって自分ではない。
この温かくて柔らかくて向こうから押してくるものは何なの。

先生「何か質問があれば質問をしてみてもいいですよ」

そこで私は尋ねてみた。
「ハイヤーセルフさん、こんにちは。もしいらっしゃるのなら、お顔を見せてくれませんか?
声を聴かせてくれるとか、姿を見せるとか、そうじゃないと、いるのかいないのか、よくわかりません。」

するとハートのあたりが痛くなる。怒ったのかも!!
「ぐ・・・ご、ごめんなさい!もう聞きません。私が悪うございました。すみませんでした」
必死で謝ってみる。

すると痛みが去る。
(やっぱりそうだよね~。顔見せるなんてこと、できるわけないもんね)
と思っていると、またメッセージが。。。。。。

こどもをみなさい。」

(え?なんですって?)

そのなかにわたしはいる。」

(一瞬、何のことだろうと思いました)

あいたければ、こどものかおをしっかりとみなさい

ききたければ、こどものこえをしっかりとききなさい

わたしはいつでもそこにいる。」

すごいことを言われたと思いました。
顔を見せてと頼んだら、子供を見ろと。その中に私はいつもいるから、と。
それは本当にそうだと思う!!!

交流が終わった後、先生は、特に言いたくなければ言わなくてもいい、と仰いましたが、あまりに不思議すぎて、お話しました。先生はただ静かに聞いてくださいました。

最近の第一シンボル

Tags: |

 

そういえば最近のシンボルのことを書いていなかった気がする・・・

はい。第一シンボルくん、すっかり”生活の友”です。

蜂蜜の瓶のふたが開かない時・・・アクセサリーの鎖が絡まった時、なんてのはもう当たり前。

ハサミ・レベルで常用しています。

先日は、マンション中庭のイルミネーションの撤去作業で、一ヶ月放置してあった屋外用大型コンセントの接続部分・・・男性が真っ赤な顔して思いっきりひっぱって、やっと、はずれるようなやつ・・・あれを私に、いとも簡単に外させてくれた。。。。。。。ありえないってば。

ブレスレットとチャームをつなぐ細・・・っかい鎖が外れてしまったとき、ルーペで見ながら専用のラジオペンチを使わないと扱えないレベルなのに、第一シンボルで、指でつけた。。。。。。これまた、ありえないんだってば。

後になってから、何度眺めても、これをどうやってつけたんだか、誰にもわかりません。

皆さんのお宅でも生活の友でしょうか。

ヒーリングの時しか使わないようにしているのかな?

いろいろ知りたいです。

身体がレベル3に慣れてきてる

Tags: |

 

身体がレベル3に慣れてきてる。

同時に、第一、第二シンボルが私に戻ってきてる。

(それでも以前の100分の1くらいしか使ってないかも。。。←どんだけつかってたのかっていう^^;;)

第四シンボルがあれば何でも済むのかと思っていたが、レイキをするときにはやはり、第一、第二シンボルのそれぞれの効能に勝るものはないなぁと思いながらやってる。

同じシンボルとはいえ、第四は少し使い方が違って、レイキを使う自分自身をパワーアップするためのスターターエンジンのようなもの、というイメージ、日々じわじわと実感してきている。

シンボルのパワーを感じる

Tags: |

 

こないだ気がついたのですが、落ち着いた状態で、マスターシンボルを暗闇で描いて、目を閉じると、すごいエネルギーが沸き上がってくるのが見えます。

沈んでいく太陽が海に映っている時の、その海面の輝きのようなもの。

ちゃんと目で見えるなんて、すごいな、マスターシンボル。

あと、目には見えないのですが、第一、第二シンボルは、お風呂のお湯の中で描いたこと、ありますか?

特に第二は、お風呂のお湯の中で描いて自分の足に被せると、ほわほわほわ~~~~てはっきりと癒される感覚が掴めますよ。

やってみてね♪

 

その時、物理的に(シンボルを描く時に押されて動いた)お湯が足に当たる感覚と一緒になりますが、その感覚を覚えておくと、今度は、水ではなくて空中で、自分にシンボルを被せた時に、「確かに来てる!」っていう感覚が、掴みやすくなるように思います。

そうすると今度は、またお湯で描いた時に、「あ、これはお湯が足に当たっただけの感覚ではないんだ、シンボルがちゃんと届いているんだ」

ということが、はっきりと理解できるようになると思います。