1-57.わたしの腰痛ポイント発見

Tags: | | |

 

腰痛。
今朝の家事、辛かったー。。><。。

立ってるうちに、どんどん痛くなってきて、もうほんとに全部投げ出して寝てしまいたかった。

でもそういうわけにもいかないから、片手で家事して、おばあさんみたいに、空いている方の手を腰に当てていたら、すごいこと発見しちゃった。

昨日まで私、痛みのある場所にレイキしてたの。
つまり、左右の腰骨。
でもあんまり良くならなかったの。

ところが、ところが!!
あ~~ら不思議♪

腰じゃなくて、背中の真ん中の、背骨に沿って、尾てい骨~少し上あたり

を、片手で押さえていたら、押さえている間だけ、腰が、痛くないのよっっ。。。。

もう、びっくり。

まーたしかに、冷静に考えたら、私の腰痛の原因は、背骨の間のクッションがすり減って、骨と骨が直接ぶつかるから痛いってわかっていたんだから、最初から、その位置にレイキしたら良かったんだわよねえ。。。

今回、色々あったけれど、

五戒のことも考えられるようになったし、無痛の部分が、痛みを止めるポイントである場合もあるということもわかったし、今後自分の腰痛の時のレイキポイントもわかって、良いことを、いっぱい、いただいたんだなぁ・・・て、思いました。

2-6. 第一シンボルってすごい・・・・

Tags: | | | |

 

遠隔はどうも苦手みたいだけれど、他のシンボルは今のところ大丈夫!順調!

今日は、家の中で、思いッきり向こうずねをぶつけた。
死ぬかと思うくらい痛かった。
おもわず、第一シンボルを入れていた。

すると・・・

はっと気がつくと、全然痛くない。
ていうか、痛かったことすら忘れてる私。
えーー??こんなに効いていいの???

数時間後。
夕ご飯時。息子がいきなり奇声を上げる。
口内炎をかんじゃったんだってさ。相変わらず人騒がせな息子。
でも、口内炎をかむと痛いよね。
すぐに第一シンボルを入れてやる。

すると・・・

モグモグモグ・・・
2秒後には、何事もなかったかのように普通にご飯食べてる。
あんなに痛かったら、普通ならまだ痛いでしょ。
でも、自分もさっき第一シンボルで痛みをなくしたから、息子の気持ちよくわかる。
かんだことすら、忘れてるのね。

そういえば、先日、娘の手の皮はいだところにレイキしたけど、あの後、治りが異様に早いんだそうです。娘 談。
やはりレイキは、ついたばかりの傷には、特に効果がありますね。

2-16. 妹のこと

Tags: | | | | |

 

遠隔ができる(かも?)というところまで来たので、遠隔でレイキしたかった人にレイキを送り始めている。

11離れた妹も、その一人。(あ、妹の誕生日が来たから、今は10違いか。)
この子は運の強い子で。
生まれた時は仮死状態で、母は、「これだけ姉妹がいれば一人くらいこういうことがあってもしかたないだろう」と覚悟したそうだが、先生が人工呼吸をして息を吹き返した。

父は、ありったけの名付けの本を買ってきて、そのすべてに共通して「吉」とされる名前を、この子につけた。

幸いこの妹は、特に傷害も残らず、明るくて気持ちの前向きな子に育った。

小学校低学年の頃、微熱が続き、何度も痛い検査をして、若年性リューマチだということがわかったが、
おっとりしているが、人を笑わせたりする面白い子なので、身体に故障があるとは、言われてもわからない。

でも、雨の日や、疲れがたまると、一晩中、痛みを紛らわせるためにお風呂に浸かっていたりとか、母が腕や足を揉んで過ごしたりとか、何日も寝込んだりとか、そういう日もあった。

それでも、たとえ前の晩までうなっていても、デートの朝になると、元気いっぱいになって、颯爽と出かけていく子だった。

(気持ちが大切なんだなぁ・・・)と、何度も、年下の妹に教わる思いだった。

お互いに結婚して子供を持ち、子供の頃のように頻繁に会うこともなくなったが、レイキのレベル1を受ける前に、この妹とご飯を食べたことがあった。

そのとき妹は、手首が腫れて、痛みで、携帯のメールも打ちにくそうな様子だった。
私は、子供の頃と同じ感覚を味わっていた。
「なにもしてあげられない」という感覚・・・

誤解して欲しくないのだが、自分が上で相手に施してやろうというような感覚ではない。
姉妹というのは、ある意味、自分そのものなのだ。
自分の痛みなのだ。

それを、どうしてあげることもできない。
小さい妹が一人で痛がっているのに何もしてあげられない無力さ。
私よりも、母の方がもっと辛かっただろうと思う。

レイキをできるようになってから、ああ、これで妹が痛い時に、少なくともレイキすることができる、と思ったのだった。
妹の痛みを気休めでなく温めることができる。

妹にしたら「余計なお世話」と思うかもしれない。
でも、これが血を分けた肉親というものなのだ。そして、(たとえ余計なことであっても)自分では気力の沸かないことを代わりに沸いてやるのも、実の姉妹だからこそなのだ。

リューマチは原因不明の病気。
だからこそ、妹も、気持ちの持ちようで、デートの日には元気になれたのだろう。

今は骨の変形が始まっているそうだが、それがまだ固まっていないのなら、また戻す可能性だってあるはずだ。
少なくとも進行を止めたり遅らせることはできるはず。

痛みが消え、骨の変形が元に戻ったというアファメーションで、脳を勘違いさせれば、細胞もそのアファメーションを現実化しようと活発に動き出す。
レイキが、その自然治癒力を爆発的に高めることができると思う。

2-30. 娘の湿疹 その1

Tags: | | |

 

娘も私の体質を受け継いで、湿疹体質。
今は首の後れ毛の生え際あたりが真っ赤っかである。
移動教室に行き、余計悪くなって帰ってきた。
既に化膿している。

こうなったら、いきなり薬をつけてもダメ。

とにかくまめによく洗うこと。汗や石けんなどを皮膚に残さない。
残留物は、必ず・必ず痒くなるから。

リンパ液の流れる方向(上から下)に添ってよくマッサージして、’流す’こと。
逆方向に流してはダメ。

薬をつけるなら、そのあと。

そこまでやったら、あとは、ひたすら、第一シンボルを沢山入れて、レイキする。
娘は第一シンボルを沢山入れると眠くなってしまうのだけれど・・・。
シンボルを入れると目に見えて赤味が引いてくるのが面白い。

学校にいる間も、遠隔でしばしばレイキを送る。
指でシンボルを娘の首に描くと、ポニーテールの髪が指にひっかかったりする。
そんな様子までありありとイメージしながら、遠隔する。

湿疹のピークも終盤だし、
あと2日くらいレイキ続けたら、すっかり良くなりそうだけれど、
一応、今日は皮膚科に行ってこよう。

 

マスター・メモ

・・・と、言いつつ

レイキできると、結局このまま、良くなってしまって、病院に行かない率が、ほーんと、高くなるのですよねえ。。。

2-31. 娘の湿疹 その2

Tags: | | |

 

学校から帰ると、娘の湿疹は劇的によくなっていた!
もう全然赤くないし、普通の皮膚に戻っているところも多い。
よかった・・・・やっぱりレイキが効いてる♪
レイキじゃなかったら、こんなに治ってないと思う。

今日、一応、皮膚科に行ったけれど、ほとんど何もしてくれなかった。。。
あんなに腫れていたのに、ほんの1日で、レイキでほんとに良くなってしまった。

ただ、娘ってば、今度は耳の付け根のリンパが痛いとか言っている。
そういえば、私は湿疹ばかりに目がいっていたけれど、昨日から頭も痛いと言っていたのよね。。。風邪かな?

頭痛は、昨日レイキして少しマシになってるみたいだし、湿疹も遠隔で良くなったので、病院から帰ってからは、耳の付け根のリンパにレイキしてる。

痛そうにしているから、第一シンボルをダイレクトに耳元で入れたら
「あ!いたいっ!!!」と。
刺激が強すぎたみたい・・・・
少し離して入れないと、いけなかったらしい。

いつも不思議なのは、練習交流会だと、あんまりレイキが流れないこと。
家では、ヒビキは針で刺すように感じるし、触れるなり自分の手が発熱するのが、交流会では、スイッチをいれても停電して電気がつかない時のように、拍子抜けするくらいに、なんの手応えも感じないことが多い。
なんでなんだろう?身内だと、何かが違うのかな?