2-65. 手のかたち

Tags: | |

 

レイキを学んでちょうど半年頃の話です。

一ヶ月に一度の練習交流会で、私は何度か先生から手の形を直されてきました。

マネしてみるんですが、どうもうまくないらしい。。。

そして、11月の、いつだったろう・・・?

またまた直していただいたんですが、その時に、やっとやっとわかったんです!!!

レイキする時、手のひらを、ペタッとくっつけていたのですが、それが違ったらしい。

まず、指の力を抜き、手のひらを仰向けにします。

その時、指は自然な感じで曲がっていますね?

そのまま、再びくるっと手首を返して、お椀を伏せるように、患部に手をソッと置くかんじ。。。

まるでピアノの鍵盤に指を置いた時のように、まあるくなっています。

手のひらは、くっついていなかったんですね。

そして、このやり方にしてから、確かにレイキが強くなりました♪♪

レイキって、目には見えないけど、水 それともピアノの音みたいに、流れたり溜まったりするものなんですねえ~・・・・・

 

マスター・メモ

太極拳教室でもよく、せっかくの「気の流れ」を妨げないためには、手にぎゅっと力を入れないこと、と言われます。

西洋レイキの手のかたちと手を当てる姿勢は、リラックスして脱力した雰囲気ですよね。一方、直傳靈氣は、手はわりとピタッと密着させ、背筋を伸ばして行います。

違いについて考察してみると、どちらも、気の流し方について、それぞれの理屈が通っているなぁと感心します。そのことについてはまたいずれ詳しくお話したいと思います。

2. 12月のくにたちレイキ練習交流会♪

Tags:

 

今日は、くにたちレイキ練習交流会&レイキ体験会でした。

体験会は初めての試みでしたが、いとゆさんとふうこさんも参加して下さって、すごく心強かったです♪

どうもありがとうございました~

こちらにいらっしゃる「香りの森」の受講生のみなさんて、本当に気持ちの良い方々ばかりで、会うたびにうれしく、そして、学びや気づきをいただいています。

もちろん、香りの森の受講生でない方も、全然OK!

素敵な仲間に会える会があり、本当にうれしいです

みなさん、本当にありがとうございます

 

レイキスタイルの練習会

エネルギーの目印

Tags: |

 

昨夜は、月に一度の練習交流会でした。
新しいスクールになって初めての交流会です。

風の冷たい晩でした。マップによると、大通りにある一番最初の曲がり角を間違えないことが肝心のようでした。そこには大きな事務所とお茶屋さんがあるようです。

妹と話をしながら歩いている中、はっと思って立ち止まりました。
危うくその角を通り過ぎるところでした。
目印のお茶屋さんが閉まっていたので気がつかなかったのです。

認識していなかったにも拘わらず、曲がるべき場所で「はっ」と思ったこともそうですが、それ以上に不思議だったことは、

角を曲がったとたん、ふわぁ。。。。と首のあたりが温かくなったことです。
風の冷たい寒い晩なのに、その時だけ、まるで温風を当てられたようでした。
それで私は「ああ、ここで間違いないんだ」と確信したのです。

どう考えてもやはり確かに温かくなったので、また、そこで自分が正しい道に進んだと確信したことで、私は「これはたぶん先生の結界みたいなものではないかと思う」と妹に言いました。
結界というか、ここですよ~っていう目印っていうか・・・。

後で伺っても、「僕は何もしてないよ」と先生は仰いました。
でも、新しい場所に初めて来るスクール生を心配する先生のお気持ちが、
きっとあの角あたりには届いているのではないのでしょうか。

だって、私の言葉を打ち消しておきながら、「あそこさえ間違えなければ大丈夫でしょ?」と皆さんに仰っていたし。

自分の感覚を信じて良い、直感を大切にして良い、とレベル3になる時に習いましたが、昨日のような時、自分がこう感じていることを信じて良いのか、それとも馬鹿にすべきなのか、わからなくなります。単に自信がないだけなのだとは思うのですが、、。
レベル3に慣れることは難しいです。

 

レイキスタイルの練習会

練習交流会その1 ~Mさん~

Tags:

 

マスター・メモ
読み返して気がついたのですが、
レベル3になってからは、練習交流会で、相手のエネルギーをダイレクトに感じたり、
相手のハートが自分に伝わってくるようになったようですね。
今では当たり前過ぎていちいち書かないようなことを書いているのが、自分で読んでいて新鮮です。

ですのでレイキスタイルの練習交流会でも、感じたことや思ったことは、どんどん言葉で表現していただくようにしています。そうすることで、回を重ねる毎に、自分自身のそして一緒に参加している人たちの感覚の進歩が、お互いにわかるんですよね。

 

練習交流会では、11月にご一緒したMさんと、ネット友達のGさん、スクールを開いておられるYさんにもお会いできました♪

Mさんはなんと、この日レベル3を受講し、そのまま練習交流会にも出られるとのこと。

自分の時はレベル3が一番大変に感じたので、「すごい・・」と思いました。

レイキマラソンでは、Mさんの足を担当させていただいたのですが、先生が膝を中継なさったとたんに、頭から足まで全部通りました。

そのとたん、ものすごいうねりが・・・

ゴォン・・・ゴォン・・・ゴォン・・・て感じで、私の手のひらを押してきます。

物理的にすごいと感じる。押されるのを押し戻すのに必死でした。

いや、ほんとに押し戻しちゃイケナイ。。。。これは気のせいなんだ。

普通にレイキしてたらいい。

でも、みんなこんなでもどうして大丈夫なの?私は驚くよ・・・・

やっぱりレベル3になるってすごい~~と思いました。

こんなにすごいエネルギーがMさんの身体を流れているんですもの。。。

オーストラリアに行かれる前に、またお会いしたいです。

 

レイキスタイルの練習会

練習交流会その2 ~Gさん~

Tags:

 

Gさんとはネットのお友達でもありました。

最初の自己紹介の内容で、すぐにお互いを認識したのでした。

ドキドキが強くなります。(笑)

最初に二人組でレイキしあいます。

先生が、私とGさんで組むように指名しました。

「ああやっぱり」

こうなることは自然なことのように思えました。

そして、今日はレベル3以上の人ばかりだったので(妹=レベル2以外全員)

直伝霊気の打ち手と払い手の手法も教えて頂き、練習をしました。

その後、Gさんが私の背中をレイキしました。

突然、涙が流れてしまいました。

悲しくないのに、涙が流れて、それと一緒に心も洗われたようです。

(Gさんのレイキは、ハートのレイキなんだわ。。。)

それが私に、はっきりとわかりました。

お互いのことを認識しているのが、お互いに伝わり合っている・・・

それもわかりました。

あまりに満ち足りて幸せだったので、私はもう名乗らなくてもいいや、と思っていました。

でも、さすが冷静なGさんです。

帰り道に、Gさんの方からお声をかけて下さったおかげで、いつもお互いにブログで読んでいるお互いの近況を尋ね合ったりすることが出来ました。

同じ交流会に出席しただけでなく、一緒にレイキしあえたなんて。。。

「お会いできるようなめぐりあわせになっていたかもですね!」

Gさんのお言葉です。

後から思い返しても、本当に、夢のようでした。

またお会いできますように。。。。

 

レイキスタイルの練習会