2-18. 過去にレイキ・・・祖母の危篤の頃に

Tags: | | |

 

レベル2になり真っ先に未来にレイキしてみましたが、昨晩、とうとう、過去へのレイキをしてみた。

私がしたいと思ってきた過去へのレイキは、2つありました。
そのうちのひとつが、数年前亡くなった祖母の、危篤と臨終の場へのレイキです。

私を目の中に入れても痛くないほどかわいがってくれた祖母。
幼い頃は、歌を歌いながらお腹に私を乗せて、一緒にごろごろ転がって、抱きしめてくれた祖母。
晩年、老人ホームでも、ヘルパーさんや先生を笑わせていた元気な祖母でしたが、ホームのトイレで転んで腰を骨折して歩けなくなってからは、どんどんボケが進んでしまい、娘である母のこともわからなくなっていました。

その晩、危篤だというので夜中病院にかけつけたのは、母と私だった。
危篤だと聞いたのに、祖母はパッチリ目を開け、しっかり私だとわかって、大喜びして抱きしめてくれた。
私としてはそれが、幼い頃からの祖母のいつもの挨拶なので、なんとも思わなかったのだけれど、あとで母が言うには、ホームでは、すっかりぼけてしまっていたから、そんなふうな様子を見せるはずないのに、と、驚いたみたいでした。

でもそのときの私はそんなことを知るはずもなく、私の手を取り笑顔で一生懸命、目で語りかけてくる祖母は、元気いっぱいに見えて、全然臨終じゃないじゃない、と内心ほっとしていた。
ただ、祖母は一言も声を出さなかったです。

それから祖母は、私を抱きしめながら、天井を指さして何度も私に確認した。
たぶん、祖母の大好きな人たちが迎えにきてくれていたのかなと思った。

祖母の一番上の娘(私の伯母)は、15年以上前に異国で亡くなっていた。
すでに高齢であった祖母には、それはずっと伏せたままだった。
たぶんその伯母も、そこにいたんだと思います。
なぜなら、祖母は泣きながら、天井と私を交互に見ていたから。

それほどにはっきりと祖母は生きているように見えたのに、医者の言うことは確かなもので、その1時間後には祖母は、意識不明になり、そのまま懇々と眠り続けた。

眠り続ける祖母を看に、伯母たちと私で交代で病室に泊まりました。
ある晩、私は、自分のパートナーを連れて病室に泊まりました。
祖母に、彼を紹介したかったからです。
眠ったままの祖母に、彼を紹介した。
私の大好きな祖母を、パートナーにも会わせることができたこと・・
今思えば本当にそれは宝のような思い出です。

意識不明になり4日後、祖母は亡くなりました。
臨終の瞬間には、私は間に合いませんでした。
その時、私は夜中の街を、祖母の病院目指して自転車で走っていたのでした。

必死で病院めがけて走っている途中、踏切のあたりで、祖母がふわりと自転車のそばにやってきて、私にほほえみかけ、祖母の声がしたような気がしました。
後で思うと、その頃が祖母の臨終の時だったようです。

私が祖母のところについた時には、もう心臓は止まっていました。
でも、祖母の両手がとても温かくて、12月の寒空の下自転車で走ってきた私は、
その手にさわって
「わ~~おばあちゃんの手、あったか~~い♪」
と、あっためてもらったのでした。
もちろん、すぐに「あ!いけない!おばあちゃんが冷えちゃう!!」とハッと気がついて、手を離しましたが。。。。

祖母は、亡くなるまで、一度も苦しそうな様子は見せませんでした。
ただ静かに眠ったまま亡くなったように見えました。

それはまるで、苦しそうな様子で、私たちを怖がらせたり、畏れさせたりしないよう、いかにも祖母らしい気づかいに思えました。

祖母はいろんなことを教えてくれたし、今でも祖母に教えられている私ですが、やっぱり亡くなるときにも、大丈夫だよ、怖くないよ、と教えてくれていたような気がしてなりません。

そして、今あらためてその時の様子を思うと、祖母の静かな様子は、まるでレイキされているみたいに健やかに見えたのです・・・・

そんな祖母の、危篤と臨終の時に、昨晩はレイキをして、祖母と対話した。
第三シンボルを描くと、暗いはずの閉じた目の奥が、急に開けて明るくなる。
これは、第三の目が開いているのかしら?

祖母と私も一心同体のはずだから、自分の身体を使って祖母にレイキしました。
腰か、ももの付け根にヒビキがあるから、これはホームで骨折したところなんだろうな・・・
トイレで転倒し骨折して車いすになってから、急速にぼけてしまったのだと聞いていた。

そして、遠隔で祖母とつながったまま、私は、朝までぐっすりと眠ってしまいました・・・
そういえば私はいつでも、祖母と心の中では話をしていますが、こうして、話だけでなくて、祖母に遠隔しに行けるなんて、本当にすてきで、うれしいことだなと思います。
祖母は、心の中ではいつもすぐそばで生き続けているのがとてもよくわかりました。

2-21. セルフヒーリング

Tags: |

 

先週の土曜日で、レベル2になって21日が過ぎました。
最近の私の様子です。

就寝時に、4人で癒やされています。つまり、13ポジション(頭5,前面4,背面4)のセルフヒーリングを、
同時に3人(パートナー・息子・妹)に遠隔で送ります。

一箇所3分でやっているので、40分で終わりです。
時間はタイマーでピピピ・・・と計っています。
最初は、タイマーだと煩すぎるかもと心配でした。

でも実際にやってみたら、この音が、うっかり眠ってしまうのを、何度防いでくれたことか・・・
今ではタイマー以外は、考えられなくなりました。

セルフヒーリングしながらの遠隔。
これが、まあそれなりにちゃんと届いているので、うれしいです。

妹は、送る直前から、頬のあたりがぽーっと暖かくなる時もあり、絆の深さを感じます。
毎日同じ時間帯に同じ人に送ると、レイキのルートが出来やすいのかな?

全身のセルフヒーリング、皆さんも毎晩なさっているのかな?
私も、毎日するごとに、日々刻々と、さらにパワフルになっていて、驚きます。
昨晩は、練習交流会で5人の方にヒーリングしていただいたとき以上に流れて、ビックリしました。

具体的には、もう全身がビリビリ・・・胸は熱いものであふれ、両手両足の指先までジンジンと響くかんじで、幸せ感で満たされました。

どうしてこんなに流れるのかを考えてみたのですが、

 

■毎日の継続の成果

■遠隔でレイキしている妹の体調が良くなってきたため
(ずっと悩まされていた夜の咳が急に良くなってきたのだそうです)

■コットンのノースリーブ&ショートパンツスタイルから、
昨晩から長袖長ズボンのシルクパジャマになったため

ではないかなと。

特に三番目のシルクは、レイキをするのにはとても向いている服なのではないかと想像します。
だって、中国の気功師とか太極拳とか、みんなシルクの長袖長ズボンですよね?
シルクとレイキは、何か深い関係があるのでしょうかね??

2-22. 飛び散るイメージ

Tags: | | |

 

昨晩は、妹の手首がギシギシするというので、特にその手首をイメージして、遠隔をしてみました。

リューマチが進んで、手首の骨が変形してきているというその手首ですが、遠隔をしている私自身には、痛みやヒビキは感じませんでした。
しかし、手首には非常に違和感があり、たしかに、とても「ギシギシ」としています。

第二と第一シンボルをたくさん入れてレイキしました。
突然、その両手首にイメージが来ました。

大変です。
手首を構成している分子が、中心から宇宙に向かい、バラバラに飛び散っていくイメージです。

密度がスカスカ。
分子を一つに固めてつなぎ止めるはずの「何か」が足りてないイメージ。
このままだと、どんどん飛び散って、手首を構成しているはずのものが、宇宙に散ってしまいそうなイメージ。

その様子は、真っ黒い菊の花のようでした。
なんなのでしょう。これはいったい。
本当は、どうなっているのでしょう。

私が感じたのは、妹自身も早くレイキをして、彼女の中に 常にレイキを流すことが、バラバラになり散っていこうとしている分子をつなぎ止める
その助けになるというイメージ。

どなたか、これがどういうことなのか、アドバイスをいただけたらと思います。

 

 

2-23. 自分自身が相手になりきってしまうイメージ

Tags: |

 

自分の身体を使って、自分もセルフで気持ちよくなりつつ、同時に3人(パートナーと妹と息子)に遠隔を送る話を以前にしました。

送る相手を「対象者」とはみなさず、私の場合は、自分自身が相手になりきってしまうイメージで遠隔を送っています。

だから、セルフをしているのは、私自身であると同時に、送られる対象者でもあるのです。

さて今回、また違うことをしてみました。
それは、好奇心でしたのではなく、必要に駆られて・・・だったのですが。
結果としてとても面白いことがわかりました。

昨晩のことです。
いつも遠隔を始める時に、息子と妹にはメールで合図をしているのですが、特別彼らから返事が来ないことの方が多いのに、昨晩は、すぐに返事が来て・・・

息子は、左足をして欲しい、
妹は、手首をして欲しい、

とそれぞれから、リクエストがきたのです。
私はいつも通りに全身13ポジションをやるつもりだったのですが、それとは違うところにリクエストが来てしまい、さあどうしましょう。

結局、セルフで13ポジションを行いつつ、同時に、自分の両手首は妹の両手首に見立て、さらに、自分の左足は息子の左足に見立てて、すべて、「同時に」行いました。
心の中のことですから、それくらい朝飯前なのです。(笑)

13ポジションの全身ヒーリングが終わってから、念のため、手首と足だけにレイキを送りました。
が、これも、個別にではなく、手首と足とに同時に送ったのです。

受け手はどう受け取ったと思いますか?
息子はちゃんと足に、妹はちゃんと両手首に、遠隔が届いていました。

「流れたレイキをどう使うかは、受け手側の身体が決める」

そうですよね?それなら、同時に二カ所レイキして送っても、それぞれが勝手に適所で受けるだろう、そう思って送ったら、ちゃんとそうなっていたのです。すごいですよね、レイキ。

 

マスター・メモ

まぁ、今から思うと、なんてチャレンジャーだったのでしょう、私は。。。

直傳靈氣では、自分のももを相手の身体に見立てて送ります。
そのわけは2つあって、

ひとつは、自分の身体はいつでも自分とともにあるから、いつでもさっと遠隔ができるからということと、

もうひとつは、ももは身体の中でも病腺(=ヒビキのこと)が出にくいため、自分の病腺と相手の病腺を区別しやすいから、ということがあるからだそうです。

直傳靈氣は、身体の不調を解決することが靈氣の目的である以上、病腺を的確に捉える必要があります。そのために、一度に一人以上の人間に送ったりとか、自分の病腺と間違えるかもしれない部分を使って送ったりとかはしないのです。

それに比べると、西洋レイキはほんと自由自在で、のびやかですよねえ。どちらが正しいということではなく、それぞれの良さと特徴を理解して行う、ということが大切かもしれないですね。

なんて、今は思っておりますが。いやーほんと、昔の私、いいなぁ。

2-24. こころを整理して。。。

Tags: |

 

今日、本屋さんでパートナーと待ち合わせしている時に読んだ本に書いてあったのだけれど、ある湖を浄化(ヘドロの浄化とかではなくて、波動レベルとかの浄化の話です)しようとして湖まで来たのだが、湖全部では広大過ぎて、体積的にムリがある。
そこで、湖水をペットボトルに汲み、そのペットボトルの水を浄化したところ、ちゃんと湖の水全体が同じレベルに浄化されたそうです。

湖とペットボトルがつながっているはずはない・・・

物理的な世界に縛られていると信じられない話ですが、

心の世界で考えれば、湖とペットボトルは同じ、もしくは回路で繋がっている・・・
だから、これは非常によく理解できる、理にかなった話に感じます。

遠隔も、これと同じような回路を使っている気がします。
物理的には離れていても、心の世界ではちゃんと一緒 もしくは、つながる回路がある。