2-66. からだメンテナンス・・・胸にレイキ

Tags: | |

 

婦人科系の病気にも気をつけたいと思い、レイキでスキャン&メンテナンスすることにしました。

で、まずは乳ガンの予防をしようと思って、胸にレイキ。

でも私ってどうやら、手でするよりも遠隔の方が強い・・・かも・・・
(これってトホホですよね。)

ということで、両方の胸に遠隔でレイキを送りました。
この方がラクだし~~。

すると、・・・うう、凄いことがおきました。

最初のうち、胸に違和感が沸き、胸全部が膨張した堅い感じになった。
ちょうど、母乳が詰まってしまったときみたいなあのイヤ~な感じ。。。。
一種の「痛い」という感じすらします。

それを我慢してやっていると、次第に、胸全体が熱くなりました。

で、最後に、やっと、胸があったかく、ジンジン震えるような、よい感じになりました。

震えが強くなったり弱くなったりしながら、ジ~~ンジ~~ン・・・と流れていく感じ・・・・
これが、私の場合、うまくレイキできているときの感じです♪

やっと、「詰まり」が取れてくれたのかもしれません。

実際には、一回でここまでいったわけではなく、一日に何度かに分けて、胸に遠隔でレイキを送り、ここまでいきました。

今日は鉄道総合研究所のアンケートに行って、2時間アンケートに答えましたが、実はその時にも、アンケートをしながら、胸にレイキを遠隔で送ってました。(笑)

今、胸にさわってみると、何故か、軽くて、透き通ってる感覚がします。
これからも まめに身体のスキャン&メンテナンスしたいと思います。

 

 マスター・メモ
とか言ってたくせに、たいしてメンテもせずに過ごしていました・・・

そして、乳がんだったんですよねえ私 (´Д⊂

一般には10年くらいかけて3センチくらいに成長するらしーです。(このブログを書いたのが2008年、告知を受けたのが2011年です)

でも、告知を受けても自分らしい道を直感的に選択できたことや、そこに至るまでの様々な出会いと偶然の組み合わせに気づけたことは、レイキをできるようになって精神的にも変化があったからだと思い、本当にすべてに感謝しています。

遠隔:宇宙の隅っこで誰かが自分のことを思っている

Tags: |

 

トンマッコルコミュのお友だち、KさんとMさんに、ここ一週間ほど毎晩遠隔を送らせていただいています。

お二人とも、明るくて思いやりがあり、楽しいひとたちなのに、鬱病で休職した経験をお持ちです。

Mさんは身内にご不幸があり、お仕事も変わり、体調を崩されています。
Kさんはご自身の不調に加え、先日大切なお友だちを亡くされました。

神さまは何故、優しいひとほど、過酷な試練をお与えになるのでしょう。
私にはわかりません。

Mさんは、遠隔を送らせていただくようになってから、毎晩見ていた変な夢を見なくなったそうです。そして夜眠れるようになったそうです。

Kさんは、つながった途端に、ヒビキがものすごすぎて、私の手ではおえないかもしれないと思います。レイキも、届いていても、焼け石に水状態ではないかと想像しています。

今夜もお二人にレイキを送らせていただきます。私のレイキなんて、辛い思いをしていらっしゃるお二人にとっては、ほんの微々たるものでしかないでしょう。

それでも、宇宙の端っこで、誰かが自分のことを毎晩想っている・・・
そのことのためだけにでも、レイキを送る意味がある・・・そう思うのです。

マザー・テレサの言葉だったと思います。
「大切なのは、どれだけたくさんのことをしたかではなく、どれだけ心をこめたかです。」
私もお二方に、ハートでレイキを、レイキでハートを、送りたいのです。

遠隔していただきました

Tags: |

 

6,7年ぶりに腰痛で2週間伏せっていました。
日蝕までにじわじわと悪くなり、日蝕を境に一挙に悪化。

ここ一週間は、20分と立つことも座ることも出来ませんでした。
立ったり座ったりしていると、背中から腰、ももの付け根までガクガクしてきて痛くてしょうがなくなる。
鍼灸に2回行きましたがイマイチ。

そんなときに、たかさんが遠隔をして下さいました。
お陰ですっかりよくなりました。

送っていただいた時の様子をメールでお知らせしたところ、ご丁寧にフィードバックを下さいました。

それ読んでビックリ。
私の受けた感想と、たかさんがやっていた内容・時間がピッタリ一致。
頭頂から入るエネルギーの量と、グラウンディングで下かが出て行くエネルギーとのバランスが悪く、腰のあたりで滞りを起こしているようなイメージだったらしいです。

まったくそのとおりだったのですが・・・
それ以上に、送って下さったという、そのお気持ちがとてもうれしくて。

本当にありがとうございました。